スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然周期!

すっかり放置。

でもちゃんと治療継続中です。









転院してから2度、刺激法で採卵しましたが、採卵できた卵子が少なく、

しかも2度とも移植まで至らず、というシビれるような結果だったため、

今回は自然周期でいくことになりました。


メリットは何より、






金がかからない。



うん、これは助かるね。



ただ、今まで通院のたびに、ラッシュのように一万円札がぶっとんでいったのが、

今回はクロミフェン6日分が処方されただけで¥6800という何ともかわいい金額。

何というか、

病院のやる気と金額は比例しているような気がして(あくまで私が勝手に思っていることです)

若いうちの自然周期ならまだしも、私の年齢、ホルモン値からして、

刺激法が選択肢から外れてしまったということは、

本当に治療の限界が見えてきたように感じてなりません。

例えるなら、

学校の授業は3学期になるとどの教科も急ぎ足で進みませんでしたか?

決まっているカリキュラムを消化するために、1、2学期で力を入れすぎて遅れをとった分を

駆け足で進めるんですよね。時には「ここは飛ばします」とかなっても。

だから3学期に習う授業の内容は重要な箇所が少ない。


と、今の私はそんな気持ちです。





それに自然周期ではやはり採卵前に排卵してしまうこともあり得ること。

先日病院へ行った際、看護士さんにそのことを尋ねると

「排卵してしまわないように、最後は祈るしかないですね」って

オイオイ

最先端医療をかかげているこの病院でも

行きつくところは神頼みかよ。



前の病院では何度か排卵日を外されているので、

「あ~、もう排卵してますね」の言葉が恐ろしくてしょうがない。



お金の心配はしなくてよくなったけど、本当にうまくいくのかしら・・・


なんか暗くてすみません。






最後まで読んでくださってありがとうございました。


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村













スポンサーサイト

悪夢再び

先週金曜日採卵

あんだけガンガン刺激したのに採れた卵はたったの2ケ。

顕微授精でとりあえず2ケとも授精はした。


昨日、移植日。
















2ケとも成長を止め、移植できず。











またかよ。




覚悟はしていたけど、それと同じくらい期待もしていたのに。



尿意を調整するため持参したコーヒーが役目を失い、

カバンの中で無駄に重たい。







あきらめないけど、あきらめないけどさ、

もう、どーすればいいんだよ。



つらいなー。

悲しいな。







最後まで読んでくださってありがとうございました。


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

お金がかかっているのは私だけではない

今月私の病院代以外にも、ペット達にも非常にお金がかかりました。

まずは、末っ子猫の去勢手術。

去勢の場合は開腹をする避妊手術と違うので、飼い主の気持ち的には少し気楽なのですが、

嫌なのが、抜糸までの間カラーをつけさせないといけないこと。

いつもの高い所へジャンプできない、ソファの後ろが通れない、自分の寝床へ入れないetc・・・

とまどってどうしていいかわからない表情を見ていると非常に心が痛む。


去勢の場合縫合しない病院も多いようですが、うちのかかりつけの病院は縫合有りなんです。

基本「気にしないようならカラーはつけないであげて」が病院の方針で

カラーなしで帰ってくるのですが、

うちのクーちゃん、









先生、コカン舐めまくって超気にしてますけど。







もう~、そうなるとカラーつけなあかんやんか。

「ごめんねごめんね~」と口調だけは明るくU字工事の真似をして装着するも、

猫にとってはどっちみち迷惑なカラーを付けられることに変わりはなく

やっぱりあちこちごちごちぶつかって歩いてる・・・

うう、かわいそう




しかーし!カラーを装着して安心していたのに、

2日目には2つのうち1つの糸がなくなってる!

なぬ?


そしてよくよく観察していると、カラーをしていても

ちんちんに顔が届いてるではあーりませんか!













なぬー!





そうなんです、猫は体が柔らかい上に、

神経質だったり気にしいの子だったりはなんとしても体の遺物を排除したくて

執念で傷口まで届いてしまうんですよね。



うちの他の猫も、開腹手術をした時に、

歩くのにもふらふらするくらいどんどんカラーを大きくされた子がいました。

この子は傷口に口がとうとう届かないとわかると、

自分の手でずっと糸がついたお腹をポンポンポンポン触っていました。

すごい執着心。アンタ人間だったら絶対ストーカーになってるよ。


末猫の自力で抜糸した傷は幸いあっという間に自然にくっついて、

一応報告した病院の先生にも

「糸?抜いちゃった?いいよ、ちゃんとくっついたでしょ?」

男の子の去勢の場合はこんなもん。





糸、噛み切ったの。あれ、嫌なの。





そしてもう一人

15歳になる老犬なのですが、

子宮が飛び出してくる(?)という
(大慌てで病院に連れて行ったダンナがこう言った)

避妊手術をしていない子にはたまにあることのようですが、

股に、握りこぶしを一回り小さくしたような遺物がぶらんと飛び出ていたのです。

なかなかにショッキングな光景ですが、

かつて肛門嚢が破れた子がいたので、それに比べたらまだ耐えられました。

このワンコ、手術と一泊の入院費が
















¥76000









うむ。私の注射代と同じくらいだわね。






なんかもう驚かない。

どんどんお金おろしまくって、どんどん麻痺する金銭感覚。



ペットは、洋服代も塾代もかからないけれど、

医療費がハンパない。

でも家族だもん、長生きしてくれるのがイチバンよね。





病院無理~。
となりのケージにいたパピヨン、普通にご飯食べてたけど超信じらんないわ。





最後まで読んでくださってありがとうございました。


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

採卵決定

採卵金曜日決定~!


前回のリセット以降長かったぜ

次の採卵が2ケ月半後だと思って、
 
「そうか、桜が咲く頃なのか。今まだこんなに寒いのに随分先だな・・・」

と思ってたけど時間は確実に過ぎていくわけで、

オリンピック選手なんて4年待って出場できるかだもんね。

良かった、オリンピック選手じゃなくて。

それに比べたらなんてことない日々なんだけど、

前回は採卵できた卵が全て授精しないというかなりハードなオプション付きだったもんで、

特に今回は待ち遠しかったわ。


でもここへきてもLHの値は2.2、P4は0.5って、どゆこと?

どんだけの量の薬使って刺激してる思てるねん。

ボイコットしとんのか、私の体は。

しかも確認できてる卵子はたったの3ケ。

お腹の張りもちっともないし、そりゃそうだわ。

うまく授精、分割してもギリ1ケ残るかどうかか・・・

不安はいっぱいだし、気になりだしたらキリがないけど、

1ケでも構わんのだ。今回は移植までこぎつけたい!



今の病院のもっともうれしいところは、採卵がちっとも痛くないところ。

前の病院の時は、麻酔はしているのだけれど3回とも悶絶する痛さだった。

あまりの痛さに全身にギンギンに力が入って、足なんかつりそうになったくらい。

先生は子宮の位置が奥まってるからとかなんとか言ってたけど、

じゃあ、今の病院はどうしてこんなに違うのかしら?

前回の採卵の時は、本当に「え、いつの間に」という感じで終わって非常に感激しました。


そして、皆さんはリカバリールームに戻ってから一眠りできますか?

私は布団が変わると本当に眠れない人なので、
(旅行や実家へ帰る時は市販の睡眠導入剤と普段全く飲まないアルコールを必ず接種)

このリカバリールームでも全く眠れません。

麻酔が効いた頭で「気持ち悪い~」と思いながらずっと覚醒しています。

少しでも眠れれば麻酔も抜けてくれるのではと思うのですが、

瞼や体は重くて動かせなくても頭が覚めてるんですね。


そして、麻酔が完全に抜けるのはいつですか?

私はその日の夜です。

前の病院は帰る時は必ずダンナさんと一緒に帰って下さい、ということだったので、

家まで徒歩5分の距離を、わざわざそれ以上遠い会社から夫が迎えに来ていましたが、

今の病院は特にそのような指示はなし。

ただ麻酔が残ったまま電車に乗って帰るので、前回は吐きそうになって3回途中下車。

お茶を飲んで落ち着いたらまた電車に乗る、を繰り返してようやく帰宅しました。

しかし朝からの絶食で非常に空腹で、よせばいいのにカップラーメンとか食べて、

やっぱり吐く。



もちろん気の済むまで病院のベッドにいてもいいのですが、

どうせ夜まで回復しませんし、一睡もできないので早く家のベッドで寝たいのです。


今回もあの状態で帰宅するはめになるかと思うと少しげんなりしますが、

少なくとも帰ってすぐの食事は控えたいと思います。


いやぁ~緊張する~





最後まで読んでくださってありがとうございました。


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村



低いLH値

体外授精を始めて足かけ3年目になろうというのに、

恥ずかしながら排卵前の血液検査で分かる、E2やP4、LHの値が

通常はどの程度のものなのかが今だにちゃんと理解しておらず、

しかも、

検査の都度、病院からもらう血液検査の結果をとっておいたものもあれば、

捨てたり、メモ用紙になったり、床に落ちてウサギにかじられたり、

要するにきっちり保管がされていないので、

前回や前々回の排卵前の血液検査の結果がどうであったのかがはっきりわからないのですが、

本日月経周期12日で、


P4 0.4
LH 1.3


て、


低いよね~


今ネットで調べた情報によると、LHの値は

卵胞期で1.1~18.3
排卵期で4.6~84.7

「低いからダメ、高いからダメ、ということではありません」って書いてあったけど、

採卵、移植できたとしてもその後の着床、妊娠継続を考えると

不安山ほど。

前の病院ではもちろん黄体機能不全って言われてるし・・・



今日の卵胞の大きさが14mmだったので採卵は金曜日あたりになる予定ですが、

もうひとつ心配なのが、花粉症の鼻詰まりで点鼻薬がちゃんと効いてるかってこと。

注した途端タラーって鼻水と一緒に流れているようで

おばちゃんとっても心配よ。

鼻ではなくていっそ飲みたいくらい。

点鼻薬の効きがイマイチで、

こんだけ高い注射代かけてるのに「排卵しちゃってました」なんてことないだろうな。


ドキドキの今週ですわ。




最後まで読んでくださってありがとうございました。


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村










プロフィール

おやきち

Author:おやきち
・夫1人
・妻1人
・子1人
・猫8匹

リンクについて
☆リンクフリーです。報告も不要ですのでどんどん持っていって貼り付けて下さいませ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。