スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今まで聞いた中で一番怖い話

私は極度の怖がり屋さんなのですが
怖い話やホラーの類が大好きです

子供の頃は夏休みになると必ず「あなたの知らない世界」
をバスタオルを頭からかぶって見ていたし

心霊写真特集なんかも大好き

大人が子供に話す怖い話の定番である「お前がやったんだ!」
とただ大声を出すだけという芸のない話にまで何度もひっかかり
「あー心臓が止まるかと思ったー」と毎年言っていたように思います

映画「リング」を見てからしばらくホラー映画にもはまりました

ただ先述のように非常に怖がりなので
夜に思い出してはトイレへ行けなくなった事も一度や二度ではありませんし
田舎の農家である母の実家のトイレへはこの歳になっても一人で行けません




そんな私が今までに聞いた怖話の中で
ダントツぶっちぎりのものをご紹介したいと思います


私の友達が体験した実話です



彼女は普段から少し人とは違った感性があり
また不思議体験もよくする人でした


オウム心理教の麻原の似顔絵
それも今描いたばかりというような、絵の具がべったりとまだ乾いていな状態の絵を
ポストに入れられていたり

霊が見える、というのもよく言っていたような気がします
(霊感が強い、というのは私個人的にはあまり信じていないのですが)



ある日の夜

寝ている時に彼女の家の電話が鳴った

こんな時間に誰だろうと思いながら睡魔に勝てず
そのまま電話は取らずにほっておいた

何度かコールしたところで留守電に切り替わり
メッセージを吹き込む声をぼんやりとした頭で聞いたような気がした


翌日、仕事へ行くのに慌しく準備をしていたため
留守電はその時は聞かずにそのまま家を出た


仕事が終わり家に帰った彼女は
そこでようやく深夜の留守電を再生した


「メッセージは1件です」






もしもし、もしもし、いないの?





メッセージを聞き終わった彼女





















「このメッセージ、私の声だ」
















ギャー怖ぇ~!!!


今思い出しても怖ぇ~!!

手が、手ががっちゃがちゃに震えるくらい怖ぇぇ~

もしこの記事に誤字脱字があったら怖さのあまり手が震えているせいです
明日の記事に誤字脱字があったら今日のこの記事を思い出しているせいです
明後日の記事に誤字脱字があったら以下同文


だって意味わかります?
家に自分がいて寝ていた時間に自分の声で留守電が入っているんですよ


うちの母は「○○ちゃん、虚言癖があるなんてことはない?」
なんて言っていましたが、そう思うのも無理はありません



もう彼女が実際に体験したことだろうと
作り話だろうと、今となってはどうでもいいのですが

この話を聞いたのが夜、その彼女と海岸をドライブしていた時だったのですが
私あまりの怖さに気が動転して
ぐいんとハンドルを持った手を曲げてしまい対向車線に飛び出してしまいました

まあその時間帯では車一台通らないような道なのですが
それが余計怖さを増長させたのです
私は「何で今それを話すの!?」と大激怒して急いで街まで引き返しました

しかしあんまり「怖ぇ、怖ぇ、早く帰りたい」と急いでいたもので
街に入るすぐ手前で







スピード違反で捕まりました





でもこの時おまわりさんを見てすごくほっとしたのを覚えています
本当は彼女を隣に乗せているのも怖かったくらいなのです




この話を聞いてもう10年以上がたちました
高校時代から仲の良かった子なのに
若いうちから結婚、出産し、あっという間に離婚してしまったところで
音信不通になってしまいました。彼女はどうしているでしょうか

今でも毎年夏がくるたびこの話を思い出します






ちなみに夫に「何か怖い話教えて」と言ったら




子供の頃、お盆にお義母の実家へ帰った時
墓場で白い服に白い三角巾を付けてお盆を持ったおばあさんを見た


というものでした



…………………。




テメ、コラ、私のホラー好きレベルをなめてもらっちゃ困るぜ
そんな話、そんな話、門前払いじゃ!てか門までも持ってくるな!

「ハウルの動く城」ってどんな話?って聞いたら
「ハウルの城が動く話」って答えられたようなそのまんまぶり

松尾のおっさんが「松島や、ああ松島や、松島や」と詠んだくらいのまんまぶり

地デジのキャラクターが「地デジカ」だったくらいまんまぶり

そのまんま東は何がそのまんまなのかくらいのまんまぶり


と、まるで相手にしていなかったら

後日お義姉から
「おやきっちゃん、お盆を持ったおばあさんの話本当やねん。私も一緒に見たから」
との連絡が入りました


本当だそうです


どうやら霊界でも何やら寒い演出家がいるようです


ちなみに私自身が体験した一番怖いことは
中学生の頃部屋に貼ってあったリバー・フェニックスのポスターの目が
動いた(ような気がした)ことです




もう海にも山にも花火にも興味がない私に
何か怖~いお話、ありませんか?

にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sinocoさんへ

うおおおおおおー怖ええええええー!
蜘蛛も地面から出た手も同じくらい怖ええええええー!

穴に落ちたお姉さんはもちろん気の毒ですが
地面から出ている手を見たsinocoさんの恐怖も
手に取るようにわかりますともっ
怖いな、トイレの外でその光景は…

でもお姉さん、きっと優しい方だったんでしょうね
泣き続けるsinocoさんをずっと抱いていてくれたなんて
なんかそのシーンを想像してみると
ほっこりした気持ちになりましたよ

roeweさんへ

その水滴はどこからやってきたんでしょうね
名前を呼ばれたということは、やはりご先祖様かも

夢か現実か、その間をさまよっている時は
結構不思議なものを見たり聞いたりしませんか?
私は短大の頃、昼寝をしていた私の耳を
同室の友達がずーっと引っ張っているという事がありましたが
もちろん誰も部屋には入ってきていなかったそうです

もももさんへ

ギョー!もももさんも結構REI的ものを感じる人なんじゃ!?
というかその甥っ子さんが鋭いのか

子供の感性というのは大人には感じないものを
すごく敏感に感じたりするようですからね
たまに子供が部屋で誰かと会話している、なんて話は聞きます
うちは猫です。猫がたまに天井の一点をじーっと凝視している時は
「何何、いったい何がいるの!?」と、やはり気持ちが悪いです

yayoiさんへ

そうですか、yayoiさんは怖いもの完全にシャットアウトなんですね
ハダシのゲン、ある意味眠れなくなるかも…

私はホラーが好きだというわりに
映画なんかでも直視はしていられないんですよ
タオルをかぶるとか、クッションのすき間から見るとか
夫には「見たいのか見たくないのか」とよく言われていますが

◎◎の奥様へ

ギャハハハ!元彼さんは、さてはモテるお方だったのねe-266

友達のお母さんで看護士さんをしている方がいるのですが
看護士さんは100%何らかの不思議現象を見るって言っていました
そのお母さんは肩に誰か乗っているんじゃないかと思うくらい
体が重くなる日があるそうです
いや、ただのひどい肩こりとかだったら
それはそれでいいんですけど…

まゆ毛ちゃんへ

そうそう、西武も広島も本当勝てないよねって
ごめん、ぜんっぜん知らんわ

メールでも送信不可能なあなたの怖話
すげー楽しみなんすけどっ
きゃっきゃっ、早く会いたいねe-343
アテント装着しておきます

まゆみさんへ

にいくらいわお!懐かしいですね~
あの番組以外見かけないけど
本当、元気にしているのかしら?

私は怖いの大好きなのですが
お化け屋敷はダメなんですよ。絶対嫌ですね
子供の頃、中でギャンギャン泣き叫んで
お化け役やってた人に外へ連れ出してもらったことがあります

ぱんみみさんへ

> ってゆうかそのおまわりさん、本物でした?。

ギョー!!!またまたそんな怖いこと言って~e-330
ちょうどね白浜海岸を過ぎたあたりですよ
あの辺りは夏でもキャンプ張ってる一角を除けば
本当に真っ暗な道が続くんですよね
いやぁ、怖かったです、マジで

怖い話

朝、起床して洗顔し、制服を着たら、
セーラー服の胸当ての中から、巨大蜘蛛(卵を抱いたアシダカグモ)がカサカサカサ・・・と出てきたことでしょうか。

これだけではなんですのでもう一話。

小学校一年の頃でした。
私の母の実家もトイレが離れでして、
夜中にトイレにいけず、高校生の姉を起こしてトイレに連れて行ってもらいました。
途中まで手を繋いで行ったのですが、トイレに入るのは一人ずつなので、
先に私がトイレに行きました。
「お姉ちゃん待っててあげるから」と言う姉の言葉を信じ、何とか用を足しトイレから出たら、
姉の姿がないっ!(泣
慌てて姉の姿を探すも、あたりはぼうぼうに生えた草だらけで何も見えません。
びびりながら辺りを見回していると、ガサッと音がしました。
音のしたところを見ると、草に覆われた地面から、ニョッキリと真っ白な手が!
「くぁwせdrftgyふじこlp;」
用を足してなかったら確実に漏らしてました。
手は、「sinoちゃ~ん・・・」と言いながら手招きするように動いています。
もう号泣です。
号泣する私に、手は言いました。
「落ちちゃった~」

手の主は、姉でした。
いつのまにか地面が陥没していて深さ1メートルほどの大穴が開いていたのですが、草に覆われて見えなかったのでした。
幸い姉に怪我はなく、自力で穴から這い出ることができたのですが、
私は極度のビビリなので号泣し続け、
姉は仕方なく、蚊に喰われながらその場で30分ほど私を抱き続けることを余儀なくされたのでした。(うるさくて家の中に入れられないから)

翌日、祖母がやってきて「昨日、すごく不気味な声で猫が鳴いてたのよ。すっごく怖かったよ!」と母に話しているのを聞きました。
実家に帰ると、たまにこの話はネタにされます。
長々失礼しました。

こわいよ~

私の体験談は、中学生の時に宿題をしながらうたた寝をしていたら、頭の上に水滴がポタッと落ちてきました。姉が何かいたずらをしているのだと、無視をしていたら〇〇ちゃんと私の名前を大きな声で呼ぶので、私は、寝とぼけなが、「何よー」と起きたのですが、周りには誰もいませんでした。
姉の部屋に行きましたが姉はバイトに行っていていませんでした。
母に呼んだ?と聞きましたが呼んでいないと言われました。きっと、ご先祖様が勉強しない私を起こしに来たのだと、勝手に思っています。

ぬはッ 怖いですねぇ
私の甥っ子の1人が小さい時(今も小さいですけど)いつも同じ場所(甥っ子の住む社宅の階段)へ行くと笑いながら手を振るので『誰かいるの?』と聞いてみたところ『うん』と言われてしまいました(どうも怖がってる感じではなかったですけど)

ある日のこと いつもは私にくっついて離れないその甥っ子が その日に限って私にだけ近寄ってこない 帰り際に『バイバイ』と言ってもジーッとこちらを見たまま何も言わない 
おかしいなぁと思いながら帰ったその晩 私は金縛りにあい子供の声が聞こえ息が苦しくなりました
心の中で一生懸命 念仏を唱えたならば 子供の声で『やめてーーッ』と聞こえたので 私は『帰りなさいッ』と叫んだと思います(心の中で)
そしたら窓がガタガタという音をたて 金縛りは解けました
さて 私は寝ぼけていたのでしょうか?
それとも・・・? 寝ぼけていたと思いたいです(笑)

わ~ん(><)
怖いです!!
怖いぃぃぃ・・・・

私、ホラー全般アウトです^^;

ホラーじゃなくても、ハダシのゲンとかでも夜眠れなくなるくらい。。。

もちろんトイレのドアも開けっ放しで用を足してました(笑)
最近はホラー系をシャットアウトしてるので、夜中のトイレも大丈夫になりましたが(笑)

冷房要らず

ぞぞぞぞぞ、、
涼ませて頂きました、
でもオチでまた体温上がりました(汗

恐怖の留守電メッセージといえば
以前、元彼ん家の留守電メッセージを聴いて
修羅場ったことがありますが、、、
ちょっと意味が違いますね(笑

あと、仕事柄、怖い話は一杯ありますぞぞぞぞぉ。。。
書いたら何か出てきそうなので控えま~す

今一番怖いことは
西武も広島も勝てない、ということです。
ギャーーー!!!


で。ほんっつとに怖~い話を持っているワタシなのですがここに書いてしまうとなんらかのバチが当たりそうなほど怖い話なので会った時に話すよ。
たぶんちびるからオムツ装着してきて。

怖いi-282
どんな留守電が入ってるのかと思ったら自分の声って・・・
でもそんな恐怖話でも最後はオチがあるので安心しました 笑

『あなたの知らない世界』大好きでした。
にいくらいわおさん・・・健在?

私も心霊とかその類は大好きだけど、
霊感全く持って0です・・

ちょっと怖いじゃないですか!!!。
真夜中の留守電、暗い海岸沿いの道、二人っきりの車内で淡々とその話をする友達、
怖いじゃないですか!!!。
どうして、そんな怖い話なのに最後にちゃんとオチがあるんですか!?。
ってゆうかそのおまわりさん、本物でした?。
プロフィール

おやきち

Author:おやきち
・夫1人
・妻1人
・子1人
・猫8匹

リンクについて
☆リンクフリーです。報告も不要ですのでどんどん持っていって貼り付けて下さいませ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。