スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉を話してほしいと思う時

うちの猫のうちの一人がすい炎で通院中という記事を先日ちらっと書きましたが
実はちょっとえらい事になっておりました


軽度のすい炎なら2、3日の絶食でたいてい回復するのですが
うちの子は熱がなかなか下がらず、通院だけでは済まなくなって
あの記事を書いた後実は入院をしていました


入院した翌日、様子を見に行くとケージの中に敷いてあるタオルが少し汚れている
匂いをかいでみると吐いたものをさらに発酵させたような(汚い話でごめんなさい)
とにかく強烈な匂いがしたんです

スタッフの方を呼んで「これはこの子が吐いたのでしょうか?」と聞くと
「あれー、さっきまでこんな汚れなかったのになー」と
様子を見ようとうちのニャンを抱き上げた瞬間、驚きの光景を見てしまいました













肛門が裂け内蔵が見えている








もちろんお尻は血だらけです

私は「ひゃー!」とも「ぎゃー!」ともつかない声を出してしまいました

スタッフさんも驚いて、この日はちょうど病院はお休みの日で
入院中の患者達の世話のためにスタッフさんが一人出勤してきているだけだったのですが
すぐに院長先生に電話をし、その院長先生もぶっ飛んでやってきました

処置を終え落ち着いて先生の話を聞いてみると
「肛門嚢炎」といって肛門の両脇にある匂い袋が炎症を起こし膿がたまっていたとのこと
私が裂けていると思ったのは肛門ではなく、膿のたまっていたこの匂い袋が裂けていたのです


しかし患部を洗浄消毒してみるとぽっかり穴が開いていて
体内が見えていることには違いありません
あまりの痛々しい姿にしばし呆然
熱の下がらない原因はこの肛門嚢炎だったのではとのこと


それまでお尻を気にしている様子も全く無く
通院している間毎日体温計をお尻にぶっさしていたのに
先生もお尻の異常には気付かなかったようで

「多分相当痛かったと思うよ」との言葉に飼い主も心が痛みます


実際すい蔵も何らかの炎症を起こしていたようで
食事をとらないこと丸1週間
4.3キロあった体重が3.7キロにまで減ってしまい
抱き上げるとあまりの軽さに涙がちょちょ切れます

お尻の脇にぽっかりと開いた穴は
そのままにしていても自然と肉が盛り上がりふさがってくるのだそうですが
先生曰く「僕達は見慣れているから平気だけど、飼い主さんにこの傷口はショックだよね」と
くしくしと縫い合わせてくれました

エリザベスカラーを着けられ、この世の不遇を一気に背負ったかのような顔をして
それでも無事退院してきました
帰ってきてからはちゃんとご飯も食べ、カラーのおかげで不機嫌そうにしてはいますが
まあ、とりあえずは一通りの治療を終え、安心しています


さすがに傷口を写真に撮る勇気はありませんでした
たとえ撮ったとしても、あんなグロイ状態、とても載せらんねぇ……


しかしね、野良同士のケンカでお尻をかまれたとかなら炎症を起こす原因も考えられるでしょうが
箱入りの坊ちゃんでストレスフリーに毎日のんきに暮らしているくせに
なぜこんな突拍子もなく病気にかかったりするんでしょうね

そしてつくづく、動物も言葉が話せたらいいのにと思います
「あそこが痛い、ここが苦しい」そう言ってくれたら
無駄に苦しい時間を過ごさなくてもすむのです


あ、話は変わりますが

動物は草食系の方が実はタフらしいですよ
野生で暮らす草食動物は体に少々傷を負ったくらいでへこたれていたら
あっという間に食べられてしまいますからね
野生のシカなんかは足が折れたくらいでは平気なんですって
(ま、平気ってこともないでしょうが)

うちのウサギが病院にかかった時に先生が言っていました

猫をいつも追い回しているウサギのあまりのしつこさに
ジャキーンと爪を出しての教育的指導が入り
それが運悪く目にヒットしまして、危うく失明寸前という状態だったのですが
確かにそれでも平気でエサを食べいつも通り猫を追いかけていましたからね


でもそれくらいがこちらもビクビクしなくてすむので頼もしい




↓ポチをいただけましたら、私は世界平和に尽力を尽くします

にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

ヒヤシンスさんへ

> ちょいちょいみてると、肛門の周りがぷっくり膨れ気味になりますので、その時が絞り時かと、、、。
> 犬は、5時と7時の方向に袋があるので、そこを押すのですが、猫もそうでしょうかね?

へー、見た目からでも分かるんですか
そうそう、5時7時の位置らしいですね、猫も同じようです
猫はまだ小さいのでなんとか受け止められますが
うちの犬の肛門絞りの場面見たらちょっと耐えられないかも・・・

ほほー 猫ちゃんもやるんだ、くちゃいんですよね~。

確かに、猫の肛門絞りは 怖そうですね。

ちょいちょいみてると、肛門の周りがぷっくり膨れ気味になりますので、その時が絞り時かと、、、。
犬は、5時と7時の方向に袋があるので、そこを押すのですが、猫もそうでしょうかね?

ヒヤシンスさんへ

>私なんか、夫が風邪ひくより、犬の元気がないのは100倍心が痛みます。

同じです、同じです!
夫の場合は布団かけて丸一日でも寝かせてやれば回復するでしょうが
ペットの場合はどこがどう具合が悪いのかが分かりませんからね
ちょっと元気がないとすごく心配になって深夜の救急病院へ行くことも
次の日になってかかりつけのお医者さんに「大丈夫そんなに心配することないよ」
と言われるのですが、その時はいてもたってもいられなくなるんですよね

> でも動物の回復力は思ったより早かったりしますから、あまりナーバスにならずにゆったりした環境で見守ってあげてくださいね。

はい、おっしゃる通り、いつも自分でも「ああ、あんなにあわてんでも」と
反省しています
人間も動物も自然治癒力を備え付けているものですからね
そこのところをもっと信用してあげなくてはいけませんね

> 犬はこの匂い袋に汁が溜まると床にお尻をこすりつけたりして、汁を出そうとするのですが、猫もするのかな?

はい、こういう症状が出るのが肛門嚢の症状だと言われているのですが
今回うちの猫はお尻を気にするような初期症状が全く出ず
先生も「お前もう少しわかりやすい行動とってくれよ」と言ったくらいで
もともと肛門嚢はワンちゃんに多い病気らしいのですが
実際こうやって猫もかかるんですね
うちの犬は大型犬で肛門絞りはやったことがないのですが
これを機にトリマーさんにやってもらおうかと思っています
(自分では怖くてできない)

無事退院なさって、良かったです。口をきけないだけに、心配ですよね、私なんか、夫が風邪ひくより、犬の元気がないのは100倍心が痛みます。
 裂けて内臓が見えてたなんて、ちょっと想像に絶する場面ですが、実際みたおやきちさんはショックでしょう。でも動物の回復力は思ったより早かったりしますから、あまりナーバスにならずにゆったりした環境で見守ってあげてくださいね。
 小型犬の場合おしりの穴もコンパクトでアクセスしやすいので、自分でやってましたが、大型犬はさすがに怖いです。猫にもあるんですね。犬はこの匂い袋に汁が溜まると床にお尻をこすりつけたりして、汁を出そうとするのですが、猫もするのかな?
こういう細かい作業がペットにはつきもんですね。

ケセラさんへ

ありがとうございます
カラーをつけていますからまだ元気いっぱいに、というわけにはいきませんが
ご飯もきちんと食べ、排泄もできているようなのでもう大丈夫でしょう
ただこの子の兄弟でいつもべったり一緒にいた子が
このカラー姿にびびっているのか
匂い袋を洗浄したおかげで兄弟の匂いだと識別できなくなっているのか
全く近寄ってこなくなってかわいそうです

ニャンコでもワンコでも肛門絞りでこーゆー肛門嚢とかは防げるらしいんですけどね
小型犬なんかはカットしに連れて行く美容院で(あーゆーとこ何て言うの?)
やってもらっているようですが
猫の肛門絞りはあんまり聞きませんよね
でも定期的にやってもらった方がいいのかしら
獣医さんも仕事とはいえ嫌だろうなーあんな臭い仕事は
連れて行くこっちが気を使いそうです

ペットを病院へ連れて行くのはこちらも気が滅入りますよね
診察台の上でブルブル震えている姿はとても心が痛みます
病院へ連れて行く時、キャリーバッグに入れることすらかわいそうで
そんな嫌がる事をして嫌われたくないので
できるだけ夫にやってもらうようにしています(鬼嫁)

読んでいて冷や冷やしました。
一応は無事に退院された・・・という締めにホッと胸を
撫で下ろすまでは、碇型がガッチガチに張った状態で
読んでおりました。 良かった。本当に良かった。ご無事で。

ウチも夫婦二人がかりでメス老猫を病院に連れて行った時、
ナースの方々に押さえ込まれて嫌悪をあらわにしていた娘に
せめて気を静めてやろうといつもどおり私は顔側に立ち、
夫は空いていた後方部に位置して終始を見守っていました。
何かの治療を施した時に後方部で何かが起こり、
夫の初めて聞く奇声にふと振り返ると、医師がさっと
娘のお尻を拭き、
『猫ちゃんには良くあることなんですよ。』的に
なだめられていたのですが、帰宅後に夫が肛門周辺の
その嚢の存在と臭気の事を教えてくれました。
しばらくそのショックに立ち直れない様子でしたが、
私も見てたらショックだったのかなぁと。

ほんと、猫達も話が出来たら・・・といつも思います。

(脈絡無さ過ぎてすみません。レス不要でOKですよw(*^-^)b)

プロフィール

おやきち

Author:おやきち
・夫1人
・妻1人
・子1人
・猫8匹

リンクについて
☆リンクフリーです。報告も不要ですのでどんどん持っていって貼り付けて下さいませ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。