スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

養子はもっと簡単にもらっていい

不妊治療をしていらっしゃる方は養子をとること
一度は考えたことがあるのではないでしょうか






子供ってもっと簡単にもらっていいんだよな



海外に行くと、白人家族が自分達の子供の他に
明らかに肌の色の違う子供を連れて歩いていたりする


世界の恵まれない子供を数多く見てきた自分も
もしできるならカンボジアの子をもらいたい




私が好きなあるジャーナリストの方が言った言葉です








外国の子をもらう云々は別にして

手続きが難しそう、ということ以外には
私も養子をもらうことにさほど抵抗がないのです


自分の血を分けるということにそうこだわりがない




自然妊娠が望めず
不妊治療をしようかどうかと考えていた時


「養子をとるっていうのは?」
と夫にも言ったことがあります

しかし夫には全くそのような考えはなく
「何を言い出すんだ?」
というようなとてもびっくりした顔をしていました


今は自分のお腹に子を宿すべく
前向きに努力をしていますし

もし子どもができたらベッタベタにかわいがるであろう
予感もしています


でも多分私は一般の方に比べたら
「子どもを産みたい」という願望がそれほど強くはない





以前にも書いたことがあるのですが

私が子どもをほしいと思う理由は自分のため、というより

夫、私の母、夫の父母

こういった人達のため、という気持ちの方が強いんです




そうするとやはり私が産んだ子でなくては意味がないのか・・・




以前ネットで調べた里親を斡旋する団体のホームペーシには
こんなことが書いてありました





ご夫婦で妊娠する努力をされたのか、また不妊治療などは行ったのか
していないという方はどうして病院へ通わなかったのか


このような事を必ずお聞きしております






これを読んでから二度とそのホームページは見ていません





不妊治療のことベラベラしゃべらされた挙げ句
「う~ん、まだまだ努力が足りない」
とでも言うつもりか


そんなに、自分の子と養子にもらう子との壁は高いのか?



自分の血を引かない子を育てるといういのは
それ相当の覚悟が必要です
 
もし自分達に本当の子どもができるようなら
実子と養子を差別するようなことは
絶対にあってはならないし

将来本当のことを打ち明ける時のことも
考えずにはいられないでしょう


でも海外では養子縁組をしている人達がたくさんいる
なにもハリウッドのスター達に限ったことではありません



覚悟です



自分の確固たる信念と覚悟があれば育てられる



不妊治療うんぬんは養子をとることには関係ない




子どもが欲しくてもできない夫婦がいる
一方親を必要としている子どもがいる

それならそういう子を育ててあげればいいじゃないか


これはやはり安易すぎる考えなのでしょうか?




↓私が泣いて喜びますので、どうぞポチッとお願いいたします
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

マユゲバラさんへ

キャー!ギザうれしす!e-266
そうよね、いつか西原かさんのようになりたいわよね(*^-^*)子供にまで「バロット」を食べさせるあたり、そんじゅそこらの母親じゃできないって(≧∇≦)  体は小さいのにすごくパワーのあるオーラ出してるって言いますよね。いつか実物にお会いしたいものですe-291

ゲッツ板谷氏の本はまだ読んだことないんです。
このあたりはもうひとまとまりですからね、読んでおかないことには
西原信者として失格ですよね…

マユゲバラさんブログお持ちでしたか(^―^) 
もちろんおじゃまさせていただきますわe-266

サイバラ教があったら・・

確実に信者、背脂とんこつのお布施をかかさずすると思います。ワタクシ。
やたー!同じ人の話でしたね。むふ。お話が合ってよかったです~。
「サイバラのようになりたい・・海のように広い心~~」が私の口癖(主にオットに向かって)です。
早くワタシも「毎日かあさん」になりたいものです。自分の子供なら立ちグソ(失礼!)されても溺愛してしまいそうだ。

(ちなみに、彼らの盟友・ゲッツ板谷氏の本も大好きな私です。)

ワタシのブログ、野球のことしか書いてないですが(モテなそ~)よかったら遊びに来てくださいませ。

mihoさんへ

日本で養子を迎えるというのはなかなか大変なことですね。手続きにしろ、やはり周りからの理解にしろ。テレビなんかで貧しい国の小さな子供が学校へも行けず労働しているのを見るとすぐ「あ~こんな生活させられるくらいなら私が養ってあげたい」なんて思うんです。間違ってますよね、ユニセフに寄付をしたほうがよっぽどお利口で現実的ですe-454

「毎日かあさん」気に入っていただけました?e-415 わ~い、うれしい!今からmihoさんとこ行きすねe-291

ももさんへ

そうですね、外国では一つの国にいろんな人種が暮らしていますから
単一人種のみで成り立っている日本を同じようにあてはめるのは
ちょっと乱暴かもしれませんね。
私も例えば本当に養子を迎えることになって、でも自分の母親などに反対されたら
そこを押し切ってまでできるかといわれたら… 正直わからないところです。

おやきちちさん、こんばんは♪
今日の記事も興味深かったです。
うちも夫と同じような話し合いをしたことがあります。
私もおやきちさんと同意見。
ただ、世の中にはまた違った(安易な)考えの人もいるだろうから、子供の幸せを考えたら
理不尽なハードルも掲げないといけないのかな?・・・とも思います。
明日の生活もわからない子供。そんな子供を救いたい、育てたいと思う親。
彼らが出会うためのキッカケはもっともっと増えて良いはずですよね。

ところで、「毎日かあさん」読みました~!
あまりに感動しちゃって、今日ブログにUPしました。
しかも、おやきちさんのブログで紹介されてたってことも書いちゃいました・・・事後報告ですみません!
宜しくお願いします♪

考えさせられました!

この記事をみて私は日本人だなぁとおもいました。。。海外の方が里親をされてるのは知っていてすばらしい事だとも分っていましたが、自分の事としては考えたことがなかったからです!確かに考えかたひとつですよね!!でも日本だと周りの目や家族など少しカベがあるように感じてしまいます。。

マユゲバラさんへ

本当ですか!?カモちゃんと西原理恵子さんのことですよね? 
私もこの二人大好きですe-454 カモちゃんを最後まで愛していただろう西原さんの描くマンガには時にグッと泣かされることがあります。
先日西原氏のことを記事に書いていますので、よろしければどうぞ↓e-266
http://oyakichi.blog73.fc2.com/blog-entry-55.html

って見て下さってたらごめ~んe-330
違う人のことだったらごめ~んe-330

sinocoさんへ

確かに、養子にきた子がかわいがられないような事態は絶対にあってはならないことですね。

私の周りには養子として育ったという方が何人かいるのですが、みんな育ての親をとても大事にしているんです。多分ちゃんと大切に育てられてきたんだろうな、と思うと、こんな風に恵まれない子供が一人でも多く幸せになればなと思うんです。

私もそのジャーナリスト(そしてその奥さん)が大好きでした。
(とかいって全然違う人だったらごめんね!)

色々なことがあってもどーんとかまえていられる人になりたいですなぁ。

里親

世の中には「安易な考え」の人が一定の数いて、
里親団体もその人たちをはぶく理由でそう書いてるのかもしれないですね。
まさかまさかの妊娠で舞い上がって、養子にとった子はおざなり・・・というケースを恐れているのでしょう。
おやきち様のように、信念ある人たちばかりだといいのですが。
プロフィール

おやきち

Author:おやきち
・夫1人
・妻1人
・子1人
・猫8匹

リンクについて
☆リンクフリーです。報告も不要ですのでどんどん持っていって貼り付けて下さいませ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。