スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カノンが死んだ日

今、家のすぐ近くに迷い猫の貼紙がしてあります

家から逃げ出してしまったとのことですが
住所を見ると、このお宅は決して近所というわけではありませんでした

虚勢の済んでいる猫ちゃんだということですから
ここまで迷い歩いてくる可能性はほとんどないと思われますが

飼い主さんは近所をあちこち捜し周り
もしかしたらという思いでここまで貼紙をしに来たに違いありません

貼紙には「交通事故にあっている、という情報でもかまいません」とありました


もちろん生きて帰ってくるのが一番いいに決まっています


でもとにかく安否を知りたい
万が一の事態になっていても姿を確かめたいんです

飼い主さんが今どんなに不安な気持でいるのかを思うと
こちらも胸が痛みます


私も二年半前、先代のカノンという猫を亡くしました


事故だったと思います


思います、というのは最後の姿を見ていないからです





あの日夫はご飯も食べず
何度も何度も何度も外へ捜しに行った


向かいの奥さんが教えてくれた

「道路に倒れていた猫」

それがどうかカノンではありませんように



でもそれきりカノンは帰ってこなかった




私はただただ泣きっぱなしで

カノンと一緒に暮らしていたレオンという赤ちゃん猫は
どこかに隠れてとうとう一晩姿を見せなかった




家中が死んだように静かな夜だったっけ





救えた命だったのに





亡くなってしばらくは
悲しみの中になんとか日常が存在しているという感じだったのに


時がたつにつれカノンの顔も声もはっきり思い出すことができなくなり


レオンを間違えてカノンと呼ぶ事もなくなった



でもカノンを思い出すことは今でもつらい





カノン、あなたの写真は肩身離さず持っているよ


でもつらくてあまり見れないんだ




カノン、また猫に生まれ変わったらさ、ここに帰っておいで



また一緒に暮らそうよ




でももし、帰り道がわからないのなら


少しの間そこにいて





必ず見つけてあげるから







遠慮はいらない









私は今でもあなたを待っている





↓私が泣いて喜びますので、どうぞポチッとお願いいたします
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

はるままさんへ

そうなんです、育てるための知識やどういう環境を整えてあげたらいいのかを、当時私たちも理解していなかったんです
その分、今いるワンコニャンコには色々施してあげたいと思っているのですが、そうすればそうするほど、亡くなった猫に「今これをあの子にしてあげられてたら…」そういう思いがつのります

切ないですね・・・。
我が家も初めて子猫を拾って育てたとき、当時「ペットを飼う」とはどういうことなのか、全く知らないまま飼い始めてしまいました。
この子はとてもかわいそうな最後を迎えることになってしまい(私たち夫婦があまりにも未熟だったための結果です)、本当に申し訳ないことをしたと今でも反省しています。
最後の目はいまでも忘れられず、その顔を思い出すだけで胸がドキドキし、胃が痛くなり、涙が出ます。
この子が残していった教訓を今でも心に刻み、今ではネコ3匹と楽しく暮らしています。

ちなみに・・・この子は私のひざの上で自分のニクキュウをチュッチュしながら寝る子だったんですよ~。

パチりんさんへ

パチりんさん、来ていただいてありがとうございます

おっしゃる通り、猫でも犬でも家族ですからね
家族を失うことはとてもつらいです
今いるメンバーともいつかお別れの時が来るのだと思うと…考えただけで涙です
カノンにはまた会いたいですね、本当にかわいいニャンコだったんです

もん吉さんへ

もしカノンが生まれ変わったら、猫でも犬でも、もしかしたら人間の子でもいい、私は絶対気付いてあげられるような気がするんです
根拠ない自信なんですけどね。だから見逃さないように心のアンテナをいつでも張り巡らせているんですよ

姉さんへ

そうですか、そんな不思議な縁がありましたか

カノンを亡くしてからというもの、どんな野良のニャンコも愛おしく思うようになりました。命を失うことの大きさを知りましたからね、生きているものへの執着がいっそう増したような気がします
カノンを思い出して笑顔になれる日、いつかきてほしいですね、そんな日が

まゆみさんへ

まゆみさんも悲しい別れをいくつも経験してきたんですね
命ある限りしょうがないことなのですが、せめて限りある命なら最後まで全うさせてあげたいですよね。この家に来て幸せだったと思ってほしい。カノンにしてやれなかった分、今いるメンバーにはそう思ってもらえるように尽くしていきたいです

チロルさんへ

「虹の橋」知っています! カノンが亡くなってしばらくはネットで「ペットロス」関連のサイトばかり見ていましたので、その時に「虹の橋」も見つけて、また大泣きしました
確かにこれを読んで、ああ、カノンはもう苦しんでいないのだ、安らかな所にいるのだと思うと少し救われた気持になります

mihoさんへ

カノンは私達夫婦が飼った初めてのニャンコでね、私達は完全室内飼いの大切さをまだ認知していなかったんです。飼い主の少しの注意で防げた事だったのだと思うと、本当に申し訳なさでいっぱいになります

もう一度会いたい、その思いはいつまでも消えることはないですね

roeweさんへ

そうですね、roeweさんは動物病院で愛猫ちゃんを亡くされたんでしたね。それはそれはつらい経験だったと思います。今もその思いをなかなか消化できないでいるお気持わかります
詳しい経緯はわかりませんが、私も今いるワンコニャンコ、誰かがそのような目にあったら…
気がふれそうになるかもしれません

こんにちわ

おやきちさん、全然気にしてませんのでお気軽に遊びに来てくださいね。
私も遠慮なく、お邪魔しますからね♪

私も愛猫を亡くしてるので、ショックはすごく大きいですよね。
猫とはいえ、大事な家族でしたから。
今も思い出すたびに、悲しくなります。
写真も大事に飾ってます。

カノンちゃんが、おやきちさん家に戻って来る事を祈ります。

こんにちは。
家族との別れはつらいですよね。
せつなくて涙がでてきます。
でも、カノンちゃんは絶対またおやきち師匠のところに戻ってくると思います。
私はそう思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

安否が分からないままというのは辛いですね・・・。

うちも5年前に愛犬を事故で亡くし、3年前に愛猫を原因不明の中毒死で亡くし、2年前に愛犬は天寿を全うしました。

何度看取っても辛いものです。

カノンちゃん、おやきちさんの元へまた戻ってくる気がします(^-^)

おはようございます。

一昨年、亡くなった実家のワンコを思い出しました。ネコちゃん、ワンちゃんも家族ですものね。
私も未だに思い出しては涙を流してしまいます。

おやきちさんは「虹の橋」というお話をご存知ですか?私はこのお話にずいぶん助けられました!是非読んでみて下さ~い(^O^)

おはようございます。
朝から涙です・・・。
動物との別れは本当に辛いですね。
私も今まで沢山の動物とお別れしてきたけど、
こればっかりは慣れることがありません。
特にカノンちゃんのような別れ方は辛いですね・・・
うちも以前、飼い猫が3~4日行方不明になり、それはそれは生きた心地がしない数日を過ごしました。
その数日は家の中はまるでお通夜状態。
幸い、傷だらけになりながらも無事に帰ってきましたが。
私も迷い猫や迷い犬の張り紙を見ると、自分のことように心配になります。

カノンちゃん、絶対にまたおやきちさんに会いにきてくれますよ。そんな気がします♪

つらいですね。

家族が増えるのはとっても嬉しいけれども、去られるとかなりつらいですよね。

私も愛猫を動物病院で殺されたと言う経緯から、動物病院恐怖症があります。
でも、がんばって同じ動物病院へ行っています。
愛猫を殺した獣医を見張るために、行っています。

愛猫のことがブログに書けたらと思うのですが、未だに涙が止まらないから書けないんですよね~。
プロフィール

おやきち

Author:おやきち
・夫1人
・妻1人
・子1人
・猫8匹

リンクについて
☆リンクフリーです。報告も不要ですのでどんどん持っていって貼り付けて下さいませ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。