スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

41歳で自然妊娠

先日、友人から久しぶりに連絡がありまして

その内容というのはなんと




「二人目妊娠しました」



え?



マジで!?



だ、だ、だってあなたは私より年上の41歳

特に不妊治療もしていたわけでもないようだったし、










あなた、どうやって妊娠したの?





と聞いたら、

「酔った勢いで二人とも興奮しちゃって」

だって。

なんやそのマンガみたいな事、ホンマにあるんかい。

めでたいよ、そりゃもちろんめでたいさ。


彼女は一人目のお子ちゃんを8年前に出産してから、

ずっと二人目も欲しいと思っていたが、なかなか恵まれず、

彼女も忙しく働いているゆえ、不妊治療に通っている時間もなかったとのこと。

もう二人目はあきらめてからしばらくたつのに、

まさかまさかの自然妊娠。

いやぁ、すごいわ、

自分より年上の人が妊娠したってことは、今の私にとっては非常に力になりますよ。




私も治療を休んでいる間に一度だけ陽性反応が出たことがあります。

それも3度目の対外受精が終わって、すぐ次の月でした。

全く期待をしていませんので、基礎体温もつけず排卵チェックも使わず。

テキトーな日に半分寝ながらテキトーにしたその一回で陽性反応が出ました。

「生理遅れてない?」と気づいたのは夫でした。

全く期待していませんから、本人である私でさえ生理が遅れているのに気付きませんでした。

子づくりを始めてから、一度も私の排卵日や生理の日を気にしたことのない夫が

初めて私の生理の遅れに気付いたのです。

しかもそれを夫が言い出したのが、京都で坂本龍馬のゆかりの地巡りをしていた時でした。
(大河ドラマで龍馬をやっていて二人でハマっていたので)












いつのタイミングで言ってくれてるんねん。



もう龍馬どころじゃねぇよ。

早く家に帰って妊娠検査薬使いたい!



それから結局1週間生理がこない時点で、病院へも行き陽性の判定をもらいましたが、

残念なことに化学流産で終わってしまいました。

生理がきた時、レバーの塊のようなものがドロリと出て、

「もしかしてこれが赤ちゃんになるはずだったのでは・・・」と思うと

そのままその塊を子宮に戻してやりたい気持ちになりました。

治療以外で陽性反応が出たのはこれ一度きり。

悲しい反面「まだ妊娠する望みはあるのだ」と少し勇気が出たのも事実です。

またあの陽性反応が是非とも見たいものだわ。

二人目を妊娠した友人、十分体には気をつけて元気な赤ちゃんを産んでね!

私もすぐ後に続くわよ~エイエイオー!





最後まで読んでくださってありがとうございました。


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

転院一発目、かかった治療費

今まで3年ほどお世話になった病院から転院し、

新しい病院で今回採卵までかかった費用です。



10/1  採血、子宮頸がん等の検査、初診料、漢方、その他病院の資料等
      ¥18750

10/3  自費採血、クラミジア抗原、抗ミューラー管ホルモン、他
      ¥ 21560

10/11 精液検査
      ¥ 24510

10/18 採血 
      ¥ 1940

10/27 夫採血、インフォームドコンセント
      ¥ 10010

12/17 風疹抗体検査 
      ¥ 1470

12/26 スプレキュア、体外受精費用
      ¥ 412830

1/8   自己注射レッスン、ゴナール注射450×2、300×2
      ¥ 73840

1/12  ゴナール注射450×3
      ¥ 63500

1/15  HMGフェリング450×3
      ¥ 15500

1/17  HCG注射
      ¥ 7550

  


















合計いくらよ!?










恐ろしい恐ろしい・・・



今回は卵が一つも受精しなかったので、

ここからいくらか移植分の費用は返ってくるのですが、

高いねー、何度払っても手が震えるわ。


事前の検査で私は風疹の抗体がないことがわかったので、

その抗体をつけてからやっとこ体外受精の準備に入りました。

それだけでも2ケ月待ったのです。

それなのにそれなのに、こんだけ金かけて移植できなかったって



くっそー




















移植の後病院から出るおやつって、何だったのかな







気になって夜しか眠れないわ



前の病院と比べてべらぼうに高かったのは、

自己注射の費用で、倍以上はしました。

一瞬桁が違うのかと思って、お会計の表示をしばし見つめてしまいました。

そして全体の費用としても2割弱くらいは高かったです。


しかし、ここで止まるわけにはいかない。

止まってしまったら、もう躊躇して治療を辞めてしまうだろうから。

進め進め。

何としても次は移植までもっていかなくては。




最後まで読んでくださってありがとうございました。


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

限りのある卵子の数

今まで通っていた病院では卵子の数を調べる検査がなくて

今回転院した病院での検査で始めて、自分の卵子の数が年齢より少ないことがわかりました。



タイムリーなことに、この検査をする少し前

テレビ番組で卵子の数を調べる検査のことについての特集がありました。

そこに出ていた女性は確か30代前半くらい

彼女もまた、年齢よりもずっと卵子の数が少なくて

妊娠できる可能性があるのはあと5年くらい、というような事でした。

その検査結果を受け「大変ショックです」と沈んだ様子の彼女を見て

「そうよね、ショックよね。でもあなたはまだ若いからきっと大丈夫」とか思っていたのに

















しまった、人の心配してる場合じゃなかったよ







私の場合、実年齢は38歳ですが、

卵子の数でいえば43歳くらいの人の平均と同じくらいなんですって。


先生からも「うーん、ちょっと急ぎましょうね」のお墨付き。

そうね、先生、私も切に切にそう願っているわ。



それを考えると坂上みきってすごいな・・・



卵子の数のことについてサイトでも色々見てみたのですが、


「卵子の数は1個たりとも増えることはない(ピシャリ)」

と、とりつく島もない感じで述べています


「ビタ一文貸しません!」みたいな
「ナベツネ、鶴の一声!」みたいな



で、まあその限りある卵を大切にするため

不妊に良いとされているものに、今頃あれこれと手を出しているのです。



今のところ良いなぁと思っているのが


「ヨモギ蒸しパット」


使っている方も多いかもしれませんが、

韓国のヨモギ蒸しをもっと手軽に、ということで、

専用のナプキンにカイロのようなものを貼り付けて使います

お股がじんわり暖かくて、おもらししたみたいな感じです

くしゃみをして、多少どうこうなっても大丈夫そうです












メーカーによっては匂いがきつい、熱すぎる、

といったものもあるようですが、

私が買ったこの「ダナミ」のものは

匂いも熱さも大丈夫です。

股からヨモギの匂いがするってのも、ねぇ

ちょっとアレですから・・・


興味のある方は、よろしければどうでしょうか。






最後まで読んでくださってありがとうございました。


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

不妊治療に対しての意識

今回の4度目の体外受精が5ケの卵子すべてが受精すらせず、

大いにショックを受けた、というのは前回の記事でしたが、



多くの不妊治療を受けている皆さんが、日頃取り組んでいることや気をつけていること

例えばマカや葉酸などのサプリ、体質改善、漢方、鍼、グレープフルーツ等々

私は今までこれらの効果を全くといっていいほど信用していませんでした。

何も自分でやってみようとはせず、妊娠することはすべて病院まかせ。

「高度医療でも妊娠しないものを、何をやったところで効くはずがない」

そんな考え方でした。



しかし、今回の結果を受け「卵子の老化」を非常に痛感しました。

それに加え、検査の結果で私の卵子の数が年齢に比べてかなり少ないことも

焦りに拍車をかけています。



自分なりにやれることは全てやってみないとダメなのだ

今更気づいちゃってツライぜ



卵子の減少は食い止められないので、

少しでも卵子の質を上げることに突然目覚め、まだ始めたばかりですが、

あれこれと片っぱしから手を出しています。



今まで何もやってこなかった、とはいえ

ネットで不妊のサイトはあれこれ見てはいましたから無駄に知識はあります。



そしてこれらに加え、神頼みや精神論という領域にも足をつっこみ

突然買ってみました、この本









fc2_2013-01-27_13-30-44-005.jpg






「すごい!やっぱり
般若心経だ」












不妊と関係なくね?












不思議なのが、私がこの般若心経をごにょごにょ唱えていると

うちの猫達がすごく不思議そうな顔で、遠巻きに私を見ていること。

空気を読めない一番下のチビだけが(我が家は猫8匹)

般若心経の本の上にどっかと寝そべったりしていますが


これは普通の話し言葉とも違うし、普通の会話をしている時の声のトーンとも違います

だから何か「どうしちゃったのこの人?」みたいな感じで見ているのだと思います。


そのように今のところ、ただ猫達を気持ち悪がらせています。









かんじーざいぼーさーつ・・・










般若心経はともかく、

不妊治療を本格的に始めたのが33歳

まだその時は病院の先生にも「まだ年齢的にも十分可能性はあるから」

なんて言われて私ものんきなもんだったのに、

さすがにもう崖っぷちなので、

後になって「あれをしてみればよかった、これも試してみればよかった」

と後悔することのないように、

まずは何事も疑うばかりでなく、やれることは全部やってみようとようやく決心したのでした







最後まで読んでくださってありがとうございました。


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村



















4度目の体外受精

前回の体外受精から丸2年がたってしまいましたが、

今回は病院を変え、通算4度目の体外受精にのぞみました。



結果は、



採卵できたのは5ケの卵でしたが、1つも受精せず




これは非常にショックでした。


確かに、移植して陰性という結果も同じようにつらいのですが、


移植云々の前に受精すらしないなんて、

数十万というお金をかけた意味は何だったのか、

薬を飲み、注射を打ち、病院での長い待ち時間、

これらを経た準備期間は何だったのか、

ドキドキしていたついさっきまでの気持ちは何だったのか、

移植後に病院から出るというおやつを楽しみにしていた気分をどうしてくれるのか、




この結果を先生から告げられ、

本当はこの後、移植が行われるはずだった部屋の方を見ながら

脱力、虚しさ、悲しさ、絶望感、空腹、眠気、尿意・・・

いろんな感情と生理現象がぐるぐる渦巻きながら、

力なく夫へ連絡をし、力なくトイレを行き、力なく家路につきました。



今ままでの3回の体外受精とも精子はふりかけタイプでうまくいっていたので、

今回もそうしたのですが、

先生曰く「精子の状態は悪くはなかった」らしいので、

となると原因は









私やんけ






やはり「卵子の老化」なのだろうか、




今回の結果は「マジでやばいかも」とおおいに私を焦らせました。


そして今までの私の意識を大きく変えました。


残された時間は長くはないのだ。


私の意識がどう変化したかは、また次回書きます。






最後まで読んでくださってありがとうございました。


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村






プロフィール

おやきち

Author:おやきち
・夫1人
・妻1人
・子1人
・猫8匹

リンクについて
☆リンクフリーです。報告も不要ですのでどんどん持っていって貼り付けて下さいませ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。